スニーカーコラム

買取金額に差が出る!意外と知らないスニーカーの洗い方

洋服は毎日洗っているのに、スニーカーは洗う機会がない!という方、意外と多いのではないのでしょうか?
手間がかかりそうで面倒だ、、、と思っている人にこそ見てほしい!ポイントさえ押さえておけば意外と簡単です。
意外と知らないスニーカーの洗い方をご紹介したいと思います。

キャンバススニーカー編

コンバースやバンズなどのキャンバススニーカー・ローテクスニーカーは水洗いができます。
今回は、洗う時間を省きたいという方にもオススメの手洗いと洗濯機の合わせ技を伝授します!

用意するもの

洗剤シューズブラシバケツや洗面桶激落ちくんなどのメラニンスポンジ
使用する洗剤は、スニーカーケアシャンプーがおすすめです。用意できない場合は、衣類用洗剤でも代用できます。


コロンブス スニーカーケアシャンプー オールマテリアル

 

①靴紐と中敷きを取り外す

多少はずすのは面倒ですが、靴紐を外して別々に洗ったほうがかなりキレイにすることができます。
中敷きが外せるタイプであれば中敷きも取り外してください。中敷きの下には雑菌・汚れが付着しています。靴の中のつま先部分に砂が詰まっている場合もあります。

②バケツに洗剤をぬるま湯(40°程度)で溶かし入れ、靴・靴紐・中敷きを入れる

洗剤の入ったぬるま湯に30分ほどつけ置きした方が、ブラシを使って洗うときに汚れを落としやすいです。

③ブラシを使い、汚れを落とす

:表面・裏面どちらもブラシを使って洗ってください。歯ブラシを使うと、細かいところに行き届くので、シューズブラシと歯ブラシどちらも使うと効果的です。
ミッドソール部分はメラニンスポンジで磨くと汚れが落ちやすいです。
靴紐:ゴム手袋をはめて、もみ洗いしてください。見違えるほどキレイに白さを取り戻します。
中敷き:ブラシでゴシゴシ洗うと中敷きがボロボロになってしまう可能性がありますので、優しく洗ってください。

④よくすすぐ

ここから洗濯機の登場です。
もちろん手洗いでもいいですが、手洗いですすぐと時間もかかりますし、なかなか洗剤を流しきれません。
靴・靴紐・中敷きそれぞれ別の洗濯ネットに入れてからすすぎを始めてください。
洗濯ネットにいれておけば、靴への負担を減らし、靴紐の絡まりを防ぎます。
すすぎが弱いとニオイや黄ばみのもとなるので、高水位にするなどして洗剤が残らないようにしっかりすすぎましょう。

⑤脱水する

こちらも洗濯機の機能を使います。
長時間脱水すると型崩れしてしまうので、3分くらいでOKです。
また、靴にタオルを詰めてから脱水をすれば型崩れと縮みを防いでくれます。
サイズはハンドタオルやフェイスタオルくらいがちょうど良いと思います。
すすぎが終わって、一度取り出してタオルを詰めてから脱水してみてください。

⑥靴・靴紐・中敷きを干す

靴専用のハンガーなども売っていますが、クリーニング屋でもらえる針金ハンガーをアレンジすれば、代用ができます。
どちらにしろ、地面に置くよりも早く乾かすことができます。

季節によりますが、丸一日程度干して、完全に乾ききっていればこれで完了です!

ハイテクスニーカー編

ハイテクスニーカーを洗うときの注意点

ハイテクスニーカーも水洗いが可能です。ただ、キャンバススニーカーに比べ凝った作りなので、洗濯機を使ってすすぎ・脱水は避けた方が良いと思います。
手順はキャンバススニーカーとほぼ変わりませんが、頑固な汚れでなければ漬け置き時間を5~10分程度に短縮、メッシュ部分はブラシで汚れを落とし、それ以外の箇所はできるだけメラニンスポンジで軽くこするということを心掛けてみてください。

さらに、ハイテクスニーカーは加水分解が起こる可能性が高いです。
詳しい情報は、記事を書きましたので、よろしければこちらも併せてご覧ください。
加水分解を防ぐ!スニーカーのおすすめ保管方法

まとめ

スニーカーの買取りは、お洋服に比べ、ちょっとした汚れでも買取金額が下がってしまいます。
ただ、あきらめずに洗えばちゃんと落ちます!このスニーカーの洗い方をぜひ参考にしてみてください。
今回ご紹介した方法では向いていないスニーカーもある場合がございますので、洗剤を使用するときは目立たない箇所で試してみてから洗うなどして、ご注意ください。
また、この方法以外にも様々な洗い方がありますので、自身に合った洗い方を見つけてみてはいかがでしょうか。

-スニーカーコラム
-

Copyright© SNEAKER NOTE , 2020 All Rights Reserved.